ブックメーカーが今熱い

ブックメーカーで勝つ人と負ける人の違い

ブックメーカーが今熱い | ブックメーカー稼ぐ | ブックメーカーで勝つ人と負ける人の違い

ブックメーカーなら楽に稼げる。
そんな謳い文句を信じて損をしてしまう人は少なくありません。
楽かどうかはその人の独自の基準があるので何とも言えませんが、ただブックメーカーで賭けているだけで儲かるのであれば世界中の人が大金持ちになりますし、ブックメーカーは全て倒産してしまいます。
どの世界にも利益を上げる人と損失を出す人がいますがこのブックメーカーにおいても同様です。
ただしブックメーカーでは稼げないという意味ではなく、宝くじや競馬、パチンコなどに比べると断然稼げるチャンスは大きくなります。
ではブックメーカーで稼げる人と損してしまう人の違いは一体何でしょうか。
まずブックメーカーが出すオッズだけを見て賭けている場合は最終的に勝ち続けることは難しいでしょう。
オッズはデータの一つにはなりますが全てではありません。
次にキャッシュアウトを使って損切り出来ない人も難しいでしょう。
キャッシュアウトが出来るのはブックメーカーの大きな特徴の一つであり、それを使いこなせないというのは大きなハンデを背負いながら賭けているようなものです。
負けた時の損失をいかに少なくするか、これはギャンブルや投資の基本中の基本です。
また自分のマイルールを守れない人もブックメーカーをやるには向いていません。
マイルールとは損失は〇〇円まで、毎月の運用資金は〇〇円まで、感情に任せてベットしない、というような自分が当初決めたルールのことです。
自分を律して冷静になれない人は痛い目にあうでしょう。
次に収支を把握していない人です。
収支を把握していないというのは単純にプラスかマイナスかを知っているかという意味ではなく、自分がどんな取引をしてきたかをしっかり把握出来ない人です。
たまたま良い結果が出たとしても、その結果を呼び込んだ過程がすっかり抜け落ちてしまっている状態ですので再現性がは低くなりますし、過去の取引から学ぶということが出来ませんのでずっと初心者のままです。
最後に一発逆転を狙う人です。
確率は低いが成功すればリターンが大きく、失敗すると痛手になる、そんなベットを「負けた損失を補って大逆転したい」という理由だけで行う思考の持ち主にはブックメーカーは向いていませんし、それならわざわざブックメーカーをやる意味もなくなります。
ブックメーカーはギャンブルではありますが、自分のやり方次第で手堅い投資にすることが可能です。
まずは必要な知識を情報収集を行いながら少額でマイルールに従って経験を積み重ねていき、その過程で。